トップイメージ
HOMEラインアップコンピュータチューニングAWRON DGAProRacingRaceChipENGLISH
会社案内代理店・特約店ご購入モータースポーツBARDAHLリンクCHINESE

  Safety Drive Device.
誤発進抑制装置

近年増加傾向にある、アクセルとブレーキの踏み間違いによる交通事故・・・・・・
本製品は、その事故を抑制するための『誤発進抑制装置』となります。




『誤発進抑制装置』製品説明
T.M.WORKS 誤発進抑制装置は、電子制御アクセルペダル車において発生する可能性のある急発進事故や誤発進事故を抑制するための専用装置です。

本製品の制御方法は、0Km〜15Kmにおいてアクセルを80%〜100%(任意に設定可能)を急激に踏み込んだ場合、アクセルをOFFの状態を保つことで、オートマチックトランスミッションのクリープ状態をキープすることで、急激な発進を抑制させることができます。
詳しくは、弊社までお問い合わせください。 電話:0555-72-0546





誤発進抑制装置本体価格 27000円 (税別)
車種別専用ハーネス 3000円〜 (税別)
1台当たりの費用 30000円〜(税別)   
※装着に関わる工賃は含まれておりません。
また、 本製品をご購入頂きますと傷害保険(1年間)が無料付帯致します。

車種別ハーネスセット品番表

本製品の装着方法
1.アクセルペダルの後ろのコネクターを外し、車種別専用ハーネスのコネクターを割り込ませます。
2.コントロールBOXからのケーブルを車両のOBDポートに差し込みます。(トヨタ車及び一部車種は異なります。)
3.本製品の設定表示パネルを見やすい位置に固定します。
4.取扱説明書に従い、設定を行い装着完了となります。
※ご注意:本製品の装着は、必ず指定整備工場などでの装着をお願い致します。
指定整備工場以外でのお取り付けなどによる製品及び車両の不具合等におきましては弊社では責任を負いません。


アクセルとブレーキの踏み間違いはなぜ起こる???
オートマチック車の場合、アクセルペダルとブレーキペダルの2つのペダルが並んで配置されています。
右足だけでアクセルペダルとブレーキペダルを交互に踏み替えながら操作することが一般的です。
平衡に並ぶペダルを踏み込む動作は、どちらのペダルも同じ動作であり瞬間的に踏み間違える可能性は年齢に関係なく誰にでも起こりえます。
交通事故総合分析センターの交通事故統計データを参考にしますと、平成22年から平成27年のペダルの踏み間違いに起因する事故は37800件にも達しております
その特徴として、29歳以下が10200件・70歳以上が9600件・次いで60歳代が5800件・30歳代4200件・50歳代と40歳代がそれぞれ4000件となっています。
ニュースに取り上げられる大きな事故は、高齢者が多いように感じられますが上記の結果を見ても年齢に関係なく事故が起きていることが分かります。



ペダル踏み間違い事故が起こる発生原因は???

状況別では「発進時」の事故割合が高く、
場所では「サービスエリア」や「店舗の駐車場」といった道路以外が高くなっています。
高齢者では「後退時」の事故割合が高いのも特徴です。
ペダル操作の踏み間違えの要因は「慌て、パニック」・「加齢」・「乗り慣れない車」などが主であると分析されています。

重要注意事項
●本製品は踏み間違いによる事故の最小限に抑制するための装置であり、交通事故にならないことを保証するものでありません。
●品番表に適合がある場合でも、自動車メーカー製安全装置が装備されている車両へのお取り付けできない場合がございますのでご了承ください。
●保証期間中であった場合でも、同型他車及び他車への装着によるトラブルは一切責任を負いません。
●本製品は急発進を抑制する装置であり自動的にブレーキはかかりません。(クリープ状態での前進・後退は致します。)
●本製品を使用した場合でも事故が発生する場合がございます。あくまでも抑制装置であり交通事故を阻止できる装置ではありません。
●本製品装着後に発生した交通事故に関し弊社への責任は発生しないものと致します。
●付帯する傷害保険は、添付のはがきに取り付け店の捺印をの上、ご購入者様が保険会社に送付することで1年間の傷害保険に無料で加入できます。
●記載されている内容は、2017年12月現在のものです。
 
↑ページトップへ
←製品ラインナップのページへ
Copyright © T.M.WORKS, Ltd. All rights reserved.