トップイメージ
HOMEラインアップコンピュータチューニングAWRON DGAProRacingRaceChipENGLISH
会社案内代理店・特約店ご購入モータースポーツBARDAHLリンクCHINESE
Super Eco Pulser
スーパーエコパルサー
SE Pulser よくある質問

FAQ

Q:サルフェーションとは何ですか?

A:サルフェーションとは、結晶化した硫酸鉛(PbSO4)が、電極板の表面を覆ってしまい十分な充電が出来なくなる現象です。
  放電後すぐにバッテリーを充電すれば良いのですが、時間を置くと電極表面に硫酸鉛(PbSO4)が結晶化してしまい、充電を行っても元に戻らなくなります。硫酸鉛は電気を通しにくい性質を持っており、電極板に付着すると電気の流れを悪くし抵抗となります。また、電極板の反応面積が小さくなり充放電能力が低下すると通常の充電を行っても使用不能のバッテリーとなってしまいます。

サルフェーションの詳細

硫酸鉛(PbSO4)は鉛蓄電池の化学反応上必ず生成されるイオン性結晶固体であり、電子伝導性及びイオン電導性はほとんど示しません。
硫酸鉛は使用や年数を繰り返すごとに、バッテリーの正極板及び負極板に析出し、不導体化された活物質が増加するため放電が出来なくなります。このため、バッテリーの容量に大きな影響を及ぼします。
実際には、バッテリーの容量を上げるために電極板には多くの細孔が存在しており、この細孔を硫酸鉛が塞いでしまうために放電が出来なくなり容量を減少させてしまいます。また、硫酸鉛は電極表面近傍にて生成が起こりやすく、電極の細孔内部に反応分布が生じていることが確認されています。この細孔内部での硫酸鉛に変化して行くことによる体積増加に伴う電極内の拡散経路の減少や、活物質の脱落が放電容量減少の原因となります。
さらに、硫酸鉛の析出と共に放電可能な電極板面積が減少するにもかかわらず、バッテリーに対する負荷が一定の場合は上記の反応が促進され、バッテリーに致命的なダメージを与えてしまうすことになります。硫酸鉛の性質はさらに電極板の格子の腐食も促進させてしまいます。(参考文献:電池便覧)


Q:バッテリーにコンデンサーチューンパーツを取り付けしていますが、SE Pulser を同時に装着しても問題はありませんか?

A:装着することは可能ですが、バッテリーにコンデンサーチューニングパーツを SE Pulser と同時に装着いたしますと、コンデンサーの容量にかかわらず、SE Pulser から発生するパルスをコンデンサーが吸収してしまう為、効果が低減致しますのでご承知置きください。
ただし、シガライタープラグに装着するタイプに関しましてはほとんど影響を受けないものと思われます。



QSE Pulser をトラックのバッテリーに装着する場合、水や泥などがかかると思いますがそのままでも大丈夫でしょうか?

ASE Pulser には防水構造となっておりますので、水や泥がかかっても影響を受けないようになっております。


QSE Pulser はバッテリーの端子に取り付けたままでいいのでしょうか?

ASE Pulser は一度取り付けを行いましたら、そのままバッテリーの寿命まで装着したままでOKです。

Q:エンジンを切っても SE Pulser のLEDが点灯していますがどうしてですか?

A:バッテリーの電圧が約13.3V以下になるまでは、バッテリー自体の電圧でサルフェーション除去・復活作用を行っておりますため、エンジンを止めてもLEDが点灯致しております。エンジン停止後13.3Vを切った時点で作動停止する構造となっています。


Q:プラスハーネスに3Aのヒューズがついていますがどうしてですか?

A新規装着時にバッテリーのターミナルを間違えて逆接続した場合や何らかの理由によりターミナル同士がショートした場合には、内部回路保護のため、3Aヒューズが破損する構造としています。逆接続やターミナルショートをしない限り、このヒューズが破損することは基本的にはございません。

QSE pulser はバッテリーの新品時から取り付けてもいいのですか?

A :はい。SE Pulser は常にサルフェーションを防止し、バッテリーの寿命延長効果の目的で開発されておりますので、新品時からご装着いただくことをお勧めいたします。

Q:パルスを発生させると硫酸鉛の結晶が電極板から剥がれ、剥がれた結晶はバッテリーの底に沈殿すると聞いたことが有りますが SE Pulserは大丈夫ですか?

A:確かに外国製品の中には、一時的に20Vもの電圧と強いパルス電流をバッテリー内に流す方法により電極板に付着したサルフェーションを短時間で強制的に剥離させる構造で、電極板を傷めることが多かったことに加え、サルフェーションの塊がバッテリー本体の底に沈殿してしまうなどの問題が有りましたが、SE Pulser は高電圧をかけることなく、一定パルスにて作用するため電極板を痛めることなくサルフェーションを溶解作用させる構造としているため安心してご使用いただけます。
QSE Pulser はEBバッテリー(デープサイクルバッテリー)にも使用できますか?

AもちろんEBバッテリーにも効果は有効です。


Q:数年使用したバッテリーですが、バッテリー液が黒っぽく変色しています。そのような状況でもバッテリーの再生は可能ですか?

Aそのような状態です電極板自体が劣化しているものと考えられますので、バッテリーの回復は難しいと思われます。
  新品バッテリーとの交換をお勧めいたします。

Copyright © T.M.WORKS, Ltd. All rights reserved.